体験エステ悪用、タオル姿の女性にしつこく勧誘(読売新聞)

 格安の体験エステを終え、タオル1枚の姿でいる女性客らに対し、虚偽の説明でしつこく勧誘を繰り返したなどとして、東京都は1日、エステティックサロン経営会社「プラソン」(東京都中央区)に対し、特定商取引法に基づき、3か月の業務停止を命じたと発表した。

 発表によると、同社は昨年1月、体験エステを受けた女性に「きょう、あすに長期契約を結べば30%オフ」とうその説明をし、執拗(しつよう)に勧誘するなどした。

 同社を巡っては、2007年頃から都内の消費生活センターに「断りにくい格好をしている時に何度も勧誘を受けた」などとする相談が相次いでいた。中には無料でエステを体験した後、何時間もそのままの姿で長期契約を迫られたケースもあったという。

文科相、五輪選手支援企業の優遇税制検討(読売新聞)
<温暖化基本法案>首相「ボコボコに」検討難航に不満(毎日新聞)
会見出席求め仮処分申請=フリー記者「警察庁が妨害」−東京地裁(時事通信)
津波警報、注意報すべて解除=25時間ぶり−気象庁(時事通信)
偽札使用容疑で男2人逮捕=東北各地の事件で初−青森県警(時事通信)
[PR]
by rkcvvfoeiy | 2010-03-09 12:37


<< 離婚後の共同親権を検討=千葉法... 【戯言戯画】湊かなえ 「さらり... >>