点滴異物注入、母親初公判=「間違いない」と起訴内容認める−京都(時事通信)

 入院していた自分の幼い娘3人の点滴に水道水などを注入し死傷させたとして、傷害致死などの罪に問われた高木香織被告(37)の裁判員裁判の初公判が10日、京都地裁(増田耕兒裁判長)で開かれた。高木被告は、四女に対する一部の注入を除き「間違いない」と述べ、大筋で起訴内容を認めた。
 高木被告は起訴前の精神鑑定で、子どもを傷つける一方、献身的看病で周囲の同情を引こうとする「代理ミュンヒハウゼン症候群」と診断された。判決までの公判、評議日程は裁判員裁判で最長の計9日間。難解な医学用語を裁判員が理解し、量刑にどう反映させるか注目される。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
耳かき店女性殺害で精神鑑定=弁護側が請求
足利事件「真剣に再発防止検討」=裁判員裁判、早い審理開始を
殺人で元解体工少年を起訴=石巻3人殺傷
元警官に懲役14年=裁判員判決、女性7人に暴行

「民意はますます反対」=徳之島3町長(時事通信)
沖縄県知事、首相の認識は「県民の思いとずれがある」(産経新聞)
新党の統一名簿に慎重 たちあがれ平沼氏(産経新聞)
普天間「生活に影響ない」=沖縄の市議反発し、発言撤回−民主・山岡氏(時事通信)
もんじゅで誤警報か=運転に影響なし−原子力機構(時事通信)
[PR]
by rkcvvfoeiy | 2010-05-11 01:54


<< 東国原知事、口蹄疫拡大で「非常... <大崎市長選>現職の伊藤氏が再... >>