東国原知事、口蹄疫拡大で「非常事態宣言」(読売新聞)

 口蹄疫問題で、東国原英夫・宮崎県知事は18日の定例記者会見で「ここに非常事態宣言を発し、県内のあらゆる機関、団体、個人が一丸となって感染拡大を阻止する」と述べた。

 知事は、「県民に広く危機意識をもってもらい、自衛をお願いしたい」と、畜産関係者だけでなく県民全体に、消毒などの防疫措置への協力を要請。不特定多数の人が集まるイベントなどの開催も当分自粛するよう呼びかけた。

<H2Aロケット>「あかつき」の打ち上げ延期 悪天候で(毎日新聞)
武器使用基準拡大、駆け付け警護可能に 自民が自衛隊海外派遣の一般法を提出へ (産経新聞)
正面衝突19年、信楽高原鉄道とJR西の社長出席し法要(産経新聞)
普天間移設 さまざまな案「断念」の過去(産経新聞)
元会計士に着服容疑、委託30億円をFX取引に(読売新聞)
[PR]
by rkcvvfoeiy | 2010-05-18 18:19


<< <口蹄疫>家畜の埋却用地を宮崎... 点滴異物注入、母親初公判=「間... >>