<掘り出しニュース>キヨヒメクラゲ 海中の幻想輝く−−佐世保「海きらら」(毎日新聞)

 【長崎】国内特産種で発見例もまれな「キヨヒメクラゲ」が佐世保市の九十九島水族館「海きらら」で展示され、光に反射してキラキラ光る姿が来場者の目を楽しませている。

【写真特集】幻想的なクラゲの展示

 体長約8センチ。1940年に和歌山県で初めて確認されたあと、08年、佐世保市俵ケ浦町で68年ぶりに7匹が採取され、09年12月に水族館職員が再び俵ケ浦で見つけた。

 展示は採取14匹中の5匹。水族館のクラゲ・魚類課課長、秋山仁さんは「長期飼育できるかわからないので、ぜひ早めに見に来てほしい」と話している。【野呂賢治】

【関連ニュース】
【写真特集】エチゼンクラゲを食べるウマヅラハギ
【写真特集】ズワイガニ漁解禁:関係者を悩ませるエチゼンクラゲ
【写真特集】美しい日本の海 命あふれる水の世界
【写真特集】にぎわいの季節:海にあふれる生命 子孫を残す

やすおのブログ
ロッキーマウンテン
出会いランキング
現金化口コミ
携帯ホームページ
[PR]
by rkcvvfoeiy | 2010-01-12 21:55


<< 鳩山首相、予算早期成立に意欲=... 仕事中のヘッドホン ありなのか... >>