鳩山首相、予算早期成立に意欲=雇用対策にも全力−時事互礼会(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は6日夕、都内のホテルで開かれた時事通信社(中田正博社長)など主催の新年互礼会であいさつし、2009年度第2次補正予算案と10年度予算案について「与野党のぎりぎりの議論の中で、国会も機能を果たしていきたい」と述べ、早期成立に強い意欲を示した。
 また、1日に東京都の「公設派遣村」を視察したことに触れ、「仕事、住む家が見つからない方がたくさんいる。こういった方々が自立できる道をしっかりと見いだせるよう後押しができる政府をつくりあげたい」と述べ、雇用対策に全力を挙げる考えを強調した。
 昨年末に策定した政府の成長戦略の基本方針については「今までは、どうしても生産者側に偏りすぎる政策が打ち出されていたが、供給サイドではなく、どのようなニーズがあるかをくみ取った」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト

hyakusikiのブログ
再起復活の友
現金化
クレジットカード現金化 即日
ショッピング枠現金化
[PR]
by rkcvvfoeiy | 2010-01-13 11:24


<< 一万円札偽造容疑で2人再逮捕=... <掘り出しニュース>キヨヒメク... >>