殺人未遂容疑で高1ら2人逮捕 茨城、道路にロープ(産経新聞)

 茨城県笠間市の県道で昨年10月、新聞配達員の女性(46)のバイクが道路に張ってあったロープに接触、転倒してけがを負った事件で、県警笠間署は30日、殺人未遂の疑いで、笠間市内に住む私立高校1年の男子生徒(16)と、知人の無職少年(16)を逮捕した。2人はロープを張った事実は認めているが、殺意については否認している。

 同署によると、男子生徒らは昨年10月11日午前3時5分ごろ、同市下郷の県道にナイロン製のロープを張って女性を転倒させ、頭や首を切るなど全治3週間のけがを負わせた疑いが持たれている。ロープは太さ約1センチで、約1・2メートルの高さに張られていた。

 

通信傍受で33人逮捕=09年国会報告−政府(時事通信)
明かされる遺体や傷の状況… アキバ殺傷・加藤被告、うつろな瞳で聞き入る(産経新聞)
<水俣病>救済方針案の年齢制限に反対 未認定患者団体(毎日新聞)
火災 給食室の一部焦がす 大阪・住之江の小学校(毎日新聞)
陛下の体調、順調に回復(時事通信)
[PR]
by rkcvvfoeiy | 2010-02-07 01:03


<< 漁船沈没、桟橋で別れの会=中国... 「地味」「おとなしい」=華やか... >>